湯河原ロータリークラブ細則

  • 第1条 定義
    1. 理事会: 本クラブの理事会
    2. 理事: 本クラブの理事会メンバー
    3. 会員: 名誉会員以外の本クラブ会員
    4. 定足数: 本クラブ会員総数の3分の1。理事の過半数。
    5. RI:  国際ロータリー
    6. 年度: 7月1日に始まる12カ月間
  • 第2条 理事会
    本クラブの管理主体は本クラブの会員9名によりなる理事会とする。理事会は、少なくとも、会長、直前会長、会長エレクト、副会長、幹事で構成される。
  • 第3条 選挙と任期
    第1節 選挙の1カ月前に、会員は、会長、副会長、幹事、会計、空席となっている理事の候補者を立てることができる。指名委員会または会員のいずれか一方または双方が、候補者を立てることができる。
    (a) 指名委員会は、直近の5名の元会長により構成され、委員長は直前会長が就任するものとする。委員会は設けるように決定された日から1週間以内に会合し、出席委員の過半数の賛成により指名を決め、指定された例会において発表するものとする。
    第2節 各役職において、過半数の票を獲得した候補者が当選したものと宣言される。
    第3節 理事会またはその他の役職に欠員が生じた場合は、残りの理事の決定によって補充するものとする。
    第4節 役員エレクトまたは理事エレクトが空席となった場合は、残りの理事エレクトの決定によって補充するものとする。
  • 第4条 役員の任務
    第1節 会長 クラブの会合と理事会の会合において議長を務める。
    第2節 直前会長 理事を務める。
    第3節 会長エレクト 会長就任に向けて準備し、理事を務める。
    第4節 副会長 会長不在の場合、クラブの会合と理事会の会合において議長を務める。
    第5節 理事 クラブの会合と理事会の会合に出席する。
    第6節 幹事 クラブの会員と出席について記録をつける。
    第7節 会計 すべての資金を監督し、年次財務報告を行う。
    第8節 理事会メンバーは、指定されたその他の任務を務めることがある。
  • 第5条 会合
    第1節 年次総会 12月31日までに本クラブの年次総会を開催し、そこで次年度の役員と理事の選挙を行うものとする。
    第2節 本クラブの例会は、毎週金曜日12時30分に開催する。例会に関するあらゆる変更または例会の取消は、クラブ会員全員に然るべく通知するものとする。
    第3節 理事会の会合は毎月開催される。理事会の臨時会合は、会長または理事2名の要請により招集され、開催にあたっては然るべき通知を行う。
  • 第6条 入会金と会費
    第1節 入会金は3万円とし、入会承認に先んじ納入するものとする。
    第2節 会費は普通会費を年額218,000円とし、これにその他会費を合わせて徴収する。支払額のうちの一部は各会員のRI公式雑誌の購読料に充当するという了解の下に、理事会により定められたクラブの方針に従って支払うものとする。
  • 第7条 採決の方法
    本クラブの議事は、口頭または挙手により採決を行う。ただし、役員と理事の選挙はその例外となり、投票により行われる。理事会は、特定の決議を、投票で採決するよう決定することができる。
  • 第8条 五大奉仕部門
    ロータリーの五大奉仕部門は、本ロータリークラブの活動の哲学的および実際的な規準である。
    (1) 奉仕の第一部門であるクラブ奉仕は、本クラブの機能を充実させるために、クラブ内で会員が取るべき行動に関わるものである。
    (2) 奉仕の第二部門である職業奉仕は、事業および専門職務の道徳的水準を高め、品位ある業務はすべて尊重されるべきであるという認識を深め、あらゆる職業に携わる中で奉仕の理念を実践していくという目的を持つものである。会員の役割には、ロータリーの理念に従って自分自身を律し、事業を行うことが含まれる。
    (3) 奉仕の第三部門である社会奉仕は、クラブの所在地域または行政区域内に居住する人々の生活の質を高めるために、時には他と協力しながら、会員が行うさまざまな取り組みから成るものである。
    (4) 奉仕の第四部門である国際奉仕は、書物などを読むことや通信を通じて、さらには、他国の人々を助けることを目的としたクラブのあらゆる活動やプロジェクトに協力することを通じて、他国の人々とその文化や慣習、功績、願い、問題に対する認識を培うことによって、国際理解、親善、平和を推進するために、会員が行う活動から成るものである。
    (5) 奉仕の第五部門である青少年奉仕は、指導力養成活動、社会奉仕プロジェクトおよび国際奉仕プロジェクトへの参加、世界平和と異文化の理解を深め育む交換プログラムを通じて、青少年ならびに若者によって、好ましい変化がもたらされることを認識するものである
  • 第9条 委員会
    第1節 クラブの各委員会は、クラブの年次目標と長期目標を実行する責務を担う。会長エレクト、会長、および直前会長は、指導の継続と計画の引継ぎを確約するために協力すべきである。会長エレクトは任期が始まる前に、委員会の委員長および委員を任命し、企画会議を設ける責務がある。委員長には委員会委員としての経験者を任命することが推奨される。常任委員会の任命は次のとおりである。
    (1) クラブ管理運営委員会
    この委員会は、クラブの効果的な運営に関する活動を実施するものである。この中には、ロータリー情報委員会、クラブ会報委員会、出席委員会、スマイルBOX委員会、プログラム委員会、雑誌委員会、親睦活動委員会が付する。
    (2) 会員増強委員会
    この委員会は、新会員の入会誘導と会員維持に関する包括的な計画を立て、実施するものである。この中には、広報委員会、会員選考委員会、職業分類委員会が付する。
    (3) 奉仕プロジェクト委員会
    この委員会は、地元地域社会および他国の地域社会におけるニーズに応える教育的、人道的および職業的プロジェクトを企画し、実施するものである。この中には、職業奉仕委員会、社会奉仕委員会、国際奉仕委員会、青少年奉仕委員会が付する。
    (4) ロータリー財団委員会
    この委員会は、資金的寄付とプログラムへの参加を通じてロータリー財団を支援する計画を立て、実施するものである。
    (5) 米山奨学委員会
    この委員会は、本クラブ会員が、米山記念奨学会の事業に関する理解を深め、資金的寄付とプログラムへの参加を通じて、海外から日本への留学生と国際的親善を深める上に役立つ指導と援助を与える方策を考案し、これを実施するものとする。
    第2節 必要に応じて、その他の委員会を任命できる。
    第3節 会長は、すべての委員会の職権上の委員となり、その資格において委員に付随するあらゆる特権を持つものとする。
    第4節 理事会によって特別の権限を与えられた場合を除き、委員会は、理事会に報告してその承認を得るまでは行動を起こしてはならない。会長または理事会は、必要に応じて、特定の委員会に追加事項を付託するものとする。
    第5節 それぞれの委員長はその委員会の定例会合と活動に対して責任を持ち、委員会の仕事を監督、調整する任務を担い、委員会の全活動について理事会に報告するものとする。
  • 第10条 委員会の任務
    会長は、その任期中の諸委員会の任務を定め、見直しするものとする。各委員会の任務を発表するに当たり、会長は適切なRI資料を参照するものとする。各委員会は、毎年度の初めに設定された具体的な担当職務、明確な目標、行動計画の下に、年度中その実施に当たるものとする。会長エレクトは、上述の通り、ロータリー年度の開始に先立ち、クラブ委員会のための推奨事項、担当職務、目標、計画を理事会に提示すべく準備するために、必要な指導を行うという主要な任務がある。
  • 第11条 出席義務規定の免除
    次のような場合、出席規定の適用は免除されるものとする。
    (a) 理事会の承認する条件と事情による欠席の場合。理事会は、正当かつ十分な理由による会員の欠席を認める権限を持つ。このような出席規定の適用の免除は、最長12カ月間までとする。ただし、健康上の理由から12カ月間を超えて欠席となる場合は、理事会が改めて、当初の12カ月の後に、さらに一定期間の欠席を認めることができる。
    (b) 一つまたは複数のロータリークラブのロータリー歴と会員の年齢の合計が85年以上であり、さらに出席規定の適用を免除されたい希望を、書面をもって、クラブ幹事に通告し、理事会が承認した場合。
  • 第12条 財務
    第1節 各会計年度に先立ち、理事会は収支予算を作成するものとする。
    第2節 会計は、クラブ資金をクラブ運営用と奉仕プロジェクト用の2つに分け、理事会によって指定された金融機関に預金するものとする。
    第3節 勘定書は、会計もしくは権限を持つ役員によって支払われるものとする。ただし、これは他の2名の役員または理事が承認した場合のみとする。
    第4節 すべての財務処理は、毎年、公認会計士または他の有資格者により徹底した監査が行われるものとする。
    第5節 クラブの年次財務報告をクラブ会員に配布するものとする。
    第6節 会計年度は、7月1日から6月30日までである。
  • 第13条 会員選挙の方法
    第1節 会員が、候補者の氏名を理事会に提出するものとする。他クラブからの移籍会員または他クラブの元会員は、元クラブから、会員候補者としての推薦を受けることができる。この推薦は、理事会から別段の指示がある場合を除き、口外してはならない。
    第2節 理事会は、候補者がロータリーの会員資格条件をすべて満たしていることを確認するものとする。
    第3節 理事会は、30日以内にこの候補者の入会を承認または拒否し、推薦者にその決定を通知するものとする。
    第4節 理事会が入会を承認した場合、候補者は、クラブに入会するよう招かれ、ロータリーと会員義務について説明を受け、会員推薦書式に署名して、本人の氏名と本人に予定されている職業分類をクラブに伝えることについて承諾するよう求められる。
    第5節 クラブが入会見込者の通知を受けてから7日以内に、理由を付記した書面による異議が、どの会員からも理事会に提出されなかった場合、この入会見込者は、入会金を納めた上、会員に選ばれたものとみなされる。理事会に対し異議が提出された場合、クラブは、次回の会合において、この件について票決を行うものとする。異議があったにもかかわらず、入会が承認された場合、被推薦者は、入会金を納めた後、クラブ会員に選ばれたものとみなされる。
    第6節 クラブは、理事会により推薦された名誉会員を選ぶことができる。
  • 第14条 決議
    本クラブをある立場または決定に拘束するようないかなる決議または提案も、まずは理事会がこれを審査し、承認しなければならない。決議や提案がクラブの会合で最初に提示された場合は、討議に付すことなく理事会に付託するものとする。
  • 第15条 議事の順序
    点鐘・開会宣言
    来訪者の紹介
    来信および告示事項
    委員会報告(ある場合)
    審議未終了議事
    新規議事
    スピーチその他プログラム
    閉会・点鐘
  • 第16条 改正
    本細則は、いかなるクラブ例会においても改正できる。クラブ細則の変更には、当該例会の10日前に各会員に書面による通知を行うこと、投票の定足数を満たす会員が出席していること、全票の3分の2が変更を支持することが義務づけられる。このような細則への変更は、標準ロータリークラブ定款、RI定款・細則、ロータリー章典と矛盾してはならないものとする。
以 上